欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

癒される・・・南紀白浜でパンダに超接近体験!

パンダと「お近づき」になりたい!

「日本一パンダがいる」和歌山・白浜の

アドベンチャーワールド


ここの有料アトラクションとしてその名も

「パンダラブツアー」というのがあります。

1日1回、15人のみの事前予約・購入制

参加すると、バックステージに行けて、

詳しいレクチャーを受けたうえで、

パンダに超接近することが可能。

おやつをあげたり記念撮影をしたりできると

いうものです。

…何それ、超楽しそう!

 

それを初めて知ったのはmoonbowさんの

ツイッターとブログでした。

moonbow5.hatenablog.com

 

 そのほか体験したことある方たちも、口を揃えて

「行くべき」「ちょっと高い(4歳以上一律1人7000円)けど

その価値はある」と言うので、俄然行く気に。

最寄りの南紀白浜空港JALしか飛んでいないから

自動的にFOP の足しにもなるし、いつなら行けるか検討。

その結果、唯一空きが残っていた日(長男の小学校夏休み

初日)に、思い切って会社を休んで子ども2人それに母と

4人で行くことにしたのでした。

f:id:yokubukashoko:20170723150543j:imagef:id:yokubukashoko:20170723150606j:image

飛行機、ちっちゃくて可愛いです。

満席でした。

 

たれぱんだ」は実在した!

f:id:yokubukashoko:20170723150931j:image

南紀白浜空港からアドベンチャーワールドまでは

近くてビックリ。車で10分くらいでしょうか。

(実際はレンタカーを借りるため白浜駅前の店舗に

寄ってから行ったのでちょっと時間がかかりましたが)

 

まずはツアー場所を確認するために

希少動物繁殖センター「パンダラブ」へと向かい、

パンダとご対面。

f:id:yokubukashoko:20170723152022j:imagef:id:yokubukashoko:20170723152607j:image

ここ、何がすごいって、パンダとの距離が

とにかく近いんですよ。

しかもお客とを隔てるガラスの壁、なんていう

ヤボなものは存在しません。

超オープンです。

冷房の効いた涼しい部屋の中、パンダが笹を噛みちぎる

「バリバリッ」という音がよーく聞こえます。

f:id:yokubukashoko:20170723151608j:image 

ちょうどランチタイム。

パンダが食べる様子を見ていたら、こちらも

お腹が空いていることに気づきました(笑)

というわけで、売店で買った「パンダ肉まん」

かわいい…。

 

食べていたら8歳長男が「ママ!大変!」

パンダを指さします。

何事かと見ると…

f:id:yokubukashoko:20170723153917j:image

でろーん・・・。

こ、これはたれぱんだ!!

たれぱんだ」って実在するのね!と感動(笑)

f:id:yokubukashoko:20170723154059j:image

 このくつろぎっぷり、たれっぷり…笑っちゃいました。

せっかくなので、様々な角度からいろんなたれぱんだ

ご堪能下さい。

f:id:yokubukashoko:20170723154130j:image

癒し効果抜群!

f:id:yokubukashoko:20170723201138j:image

f:id:yokubukashoko:20170723200839j:image 

置いてあったドアストッパー?とまさに同じ状態。

f:id:yokubukashoko:20170723154234j:image 

 

 「パンダラブツアー」でさらに接近!

午後1時に集合。

いよいよ念願の「パンダラブツアー」スタートです。

「STAFF ONLY」と書かれた裏側に回り、

まずは手を消毒。

消毒マットを踏んで足裏を消毒しつつ施設内に入ります。

 f:id:yokubukashoko:20170723202514j:image

 今回会ったのは「桃浜(とうひん)」という

2014年12月生まれのメス。

f:id:yokubukashoko:20170723202701j:image

2歳半ちょっとの子どもといっても、

体重約90キロあるとのこと。

生まれた時は、手のひらにのるこれくらいの

大きさだったそうです。

f:id:yokubukashoko:20170723202802j:image

実物大のぬいぐるみ。

 

そして、このツアーのハイライト、

パンダへのエサやり体験。

f:id:yokubukashoko:20170723203331j:image

長いフォーク状の棒の先に食べ物をさして、

パンダのお口に近づけ、パクッと食べるのを待ちます。

近い!近い!

スマホやカメラを渡すと、こんな風に、スタッフの方が

写真も撮ってくれます。

うわ〜、こりゃたまりません!

f:id:yokubukashoko:20170723203446j:image

こちらは私が撮った母と長男。

ぱくっ …かわええ。

 

子どもたちはパンダのうんちを間近で見て、

臭いを嗅いで、喜んでいました…男児ですな。

それも貴重な体験ですよね。

ちなみにうんちは繊維質で食べたものがそのまま、

という感じで、まったく臭くありませんでしたよ。


載せませんが、最後にガラス越しにお座りしたパンダと

一緒に記念撮影もできます。

f:id:yokubukashoko:20170723203714j:imagef:id:yokubukashoko:20170723203731j:image

iPhoneでこんなアップで撮影できちゃうの、

すごくないですか!?

しかしこの座っている姿…あられもない姿というか、

オッサンっぽいというか…(笑)

 

約50分のツアーはこれにて終了。

こちらのパンダラブツアー、1日15人限定で人気なので、

かなり前のweb予約が必要。

今見たら8月末まで空きゼロでした…。

まぁ、夏休みですしね。

でも貴重な体験ができるこの内容、入場料金に

プラスして払うことを考えると1人7000円は

ちょっと高いですが確かにその価値ありです!

 

親子でじゃれあうパンダも見られます!

たとえこのツアーに参加しなくても、実は

パンダをたっぷり愛でることが可能です。

「ブリーディングセンター」では現在、

「パンダ親子公開」(9時45分から16時)をしています。

f:id:yokubukashoko:20170723205343j:image

2016年9月に生まれたばかりの0歳児パンダ

「結浜(ゆいひん)」とお母さんがじゃれあう

愛くるしい姿を、至近距離で見られます。

f:id:yokubukashoko:20170723205429j:image

こっちがお母さんの良浜(らうひん)」(2000年生まれ)

f:id:yokubukashoko:20170723205453j:image

赤ちゃんパンダの「結浜」。何なのこの反則ポーズは。

f:id:yokubukashoko:20170723205607j:image

お母さんが首に噛みついていて、これはじゃれあいの

範疇なのかどうか、見ていてちょっとドキドキしました。

f:id:yokubukashoko:20170723205623j:image

赤ちゃんパンダ…まさに動くぬいぐるみみたい。

思わずパンダグッズを買って帰ってしまいました。

www.aws-s.com

 

 

 

今後、上野動物園の赤ちゃんパンダ公開時には、

盛り上がるでしょうが、なんかもう、この日で

パンダメーター振り切れちゃった感じで私は

満足しちゃいました…。

 

上野でもこういうツアーやってくれませんかねぇ。