欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

身体が喜ぶ!長寿食の名店へ

沖縄の激安焼肉店などについてご紹介しましたが、

今回書きたいのはその対極にあるお店のことです。

 

 お値段は決して安くありません。

ランチでも2000円以上します。

でも、その価値があると思います。

 

f:id:yokubukashoko:20170617182211j:image

うっそうとしたアプローチを抜けると現れる

赤瓦のお店。

雰囲気があります。

 f:id:yokubukashoko:20170617182241j:image

 お店のコンセプトは“沖縄の原種野菜や野草を使って、

沖縄の伝統長寿食を現代にお届けする”というもの。

f:id:yokubukashoko:20170617182316j:image

 まず供される野草ジュース

何種類の野草が使われているのか聞いてみると、

「きょうは7種類入っています」とのこと。

見た目より美味しく飲めました。

  

私が頼んだのはその名もズバリ「毒出し定食」

f:id:yokubukashoko:20170617182419j:image

肉はなく、玄米中心にデトックス出来る食材が

使われていました。


いったいどれだけの種類の食材が使われているのでしょうか・・・

その調理過程を考えるだけで気が遠くなります。

  

どれもこだわりの素材の味がきちんとするし、

手間暇かけて調理されているのがわかります。

「野草の原種を集めてお庭で育てているのよ」

とお店のオーナーの女将はさらっといいます。


滋味深いとはまさにこのこと。

噛みしめながら、あぁ、沖縄の「ぬちぐすい」(命の薬)って

こういうことか…と実感。

疲れた胃腸も喜んでいる感じ。

  

こちらのお店の名前は「cafe がらまんじゃく」です。

 Cafe がらまんじゃく | 沖縄の薬膳料理

 

場所は金武(きん)町。

インターからもそれほど離れていません。

 

この店に来ることだけを目的に、わざわざ首都圏から

沖縄に通うお客さんもいるとのこと。

それも納得するほど身体をつくる「食」について

考えさせられる体験でした。

実はあの「世界のナリサワ」のシェフも通っている

隠れた名店です。

 f:id:yokubukashoko:20170617182611j:image

なお、子連れでも大丈夫。

玄米おにぎりを中心とした簡単な定食を作ってくれました。

 

完全予約制、しかも20食限定なので、機会があれば

ぜひ予定に組み込んで行ってみてください。