欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

ボルネオでの野生動物たちとの出会い【前編】

マレーシア・サバ州第2の都市、サンダカン。

リバークルーズ、リバーサファリと呼ばれる

ボートに乗って川からジャングルに生息する動物を

観察するエコツアーの拠点となっています。

個人では行きにくいため、サンダカンを発着する

現地ツアーに参加するのが一般的です。

 

日数や行きたい場所、泊まりたい宿などを考え

数社のプランを比較検討した結果、今回は

「ボルネオエコツアーズ」という会社で

ツアーをお願いしました。

www.borneoecotours.com

決め手となったのは、セリンガン島1泊と

リバーサファリで評判のいい宿2泊の組み合わせ、

さらに行ってみたかったオランウータンとマレーグマの

保護施設も訪問できるという、まさに私が求めていた

3泊4日の欲張りプランをこのツアー会社が

出していたからです。

 

 セリンガン島については前回書いたこちら↓

yokubukashoko.hatenablog.jp

 

さらに子連れ旅行なので、早朝に空港ピックアップ、

帰りはそのまま空港に送ってもらう、という

慌ただしいスケジュールには不安があったので、

前後にサンダカン泊をくっつけてゆったりできるように

個人でアレンジしました。

f:id:yokubukashoko:20170924152223j:image

 サンダカンの港から約2時間半、雨が降ったり

止んだりする中、高速ボートでの移動です。

海からリバーサファリのメッカ、キナバタンガン川を

上っていきます。

途中、ガイドさんが双眼鏡で動物を発見するとボートで

近づいて観察もするという、移動自体がすでに

リバーサファリ状態です。

 

そしていきなり大物発見!

iPhoneだとこんな感じですが・・・

木の間にぶら下がっている動物、分かりますか⁉

 f:id:yokubukashoko:20170924152146j:image

 

その正体は・・・じゃじゃーん

f:id:yokubukashoko:20170924151752j:plain

なんと、オランウータン

バッチリ目線までいただきました。

望遠機能に優れているコンデジ、買った甲斐がありました!!

 

貴重な野生のオランウータンを宿への移動途中に

見られちゃうなんて…期待が高まります。

f:id:yokubukashoko:20170924155053j:image 興奮のうちに、宿に到着。

f:id:yokubukashoko:20170924155119j:image

 口コミが良く、ジャングルの中のリゾートにしては

快適そうなので(笑)ここにしました。

スカウ レインフォレスト ロッジ (Sukau Rainforest Lodge) -キナバタンガン地区-【 口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

この夏ヴィラがオープンする、という情報がホームページに

出ていたので、即、ヴィラにアップグレード!

f:id:yokubukashoko:20170924155229j:image

f:id:yokubukashoko:20170924155259j:image

f:id:yokubukashoko:20170924155946j:plain

f:id:yokubukashoko:20170924155330j:image

 テラスも付いていて快適。

ただ、バスタブはなくシャワーのみ。

いやいや、ジャングルの中でお湯が出るだけでありがたい!

f:id:yokubukashoko:20170924155424j:image

ちょっとしたアイテムが、可愛かった。

f:id:yokubukashoko:20170924155530j:image

結果、子供の騒ぎ声が壁を隔ててお隣の部屋に丸聞こえ・・・

じゃなかっただけでもヴィラにして正解でした。

 

ちょっと休んで、夕方のリバーサファリに出発!

f:id:yokubukashoko:20170924162347j:image

なんと、私たち家族4人にガイドさんが

ついてくれるという貸切ボート状態。

ラッキー♪

 

夕方は動物たちが活発に動き回る時間帯。

木が揺れているところをよく見ると、サルが

飛び回っています。

 

テングザルの群れです。

 f:id:yokubukashoko:20170924154109j:plain

オスはその名の通り鼻が天狗のように大きいので、

これはメス。

あられもない姿でお食事中のようです・・・

お、おじゃまします(笑)

f:id:yokubukashoko:20170924153836j:plain

 

オスにもたくさん出会えました!

すごい鼻ですよね…いや~、不思議!

f:id:yokubukashoko:20170924170120j:plain

f:id:yokubukashoko:20170924170314j:plain

 f:id:yokubukashoko:20170924153933j:plain

ほかにもサル。

f:id:yokubukashoko:20170924170904j:plain

f:id:yokubukashoko:20170924170935j:plain

またもやオランウータンを見つけたのですが

木の陰に隠れちゃっててお顔が拝めず・・・惜しい!

f:id:yokubukashoko:20170924171546j:plain

鳥も、見たことない種類をたくさん見られました。

首の長い鳥。

f:id:yokubukashoko:20170924171013j:plain

↓これ、「ヘレン」っていう鳥だったと思います。

f:id:yokubukashoko:20170924171025j:plain

怖い顔をした鳥。実物はかなりの大きさ。

f:id:yokubukashoko:20170924171039j:plain

 

英語名は聞いたけどメモっていないので完全に忘れました…。

 

ボルネオでは「ボルネオBIG5」と呼ばれる、

見たい!けど全部見られたら超ラッキー!

野生動物たちがいます。それは次の5つ。

 

1 Pygmy Elephant・・・ボルネオゾウ

2 Orang Utan・・・オランウータン

3 Proboscis Monkey・・・テングザル

4  Crocodiles・・・ワニ

5 Rhinoceros Hornbill・・・サイチョウ

 

初日だけでオランウータンとテングザルの2つを

見られたことになります。

キナバタンガン川、そしてガイドさんの目

・・・すごい!

 

でも、リバークルーズでこんなに動物を見られるのって

不思議だと思いませんか?

 

実はプランテーションの開発で、動物たちの住む森が

どんどん狭く小さくなったことで動物たちが川岸に

追いやられてしまい、人間の目に触れるように

なった、という皮肉な結果なのです。

 

もちろんいまではキナバタンガン川流域の伐採は禁止され、

木を植えるなど、熱帯雨林を守る活動も行われています。

 

 

いろんな動物に会えるのは嬉しいけど、そう聞くと

ちょっと複雑なのでありました。

 

《後編に続く》