欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

看板はない…あるのはマグロだけ!?

ずーっと存在を知りつつも行けていなかった

面白い店でランチしてましたのでご報告。

 

六本木通り沿いにあるその名も

「まぐろだけボーノ 白川」です。

f:id:yokubukashoko:20170608143444j:image

 しかし、特に看板があるわけでもなく、

八海山の暖簾がかかっているだけ。

ぱっと見、なんの店だかまったくわかりません。

暖簾がかかっているのが営業中のサイン。

 

店内はびっくりするほど狭く、カウンター8席ほど。

メニューも丼物は

赤身、葱とろ、三色などまさにまぐろだけ。

一番高い「とろのみ」(1600円)は売り切れでした。

せっかくなのでいろんなものを味わえそうな

「三色丼」(1200円)を注文。

 

ご主人が、注文を受けると長〜い包丁で

大事そうにマグロの冊を取り出し、

目の前で丁寧に切ってご飯の上に並べていきます。

思わずその動きに見とれてしまいました。

f:id:yokubukashoko:20170608143451j:image

 三色ってことは、赤身、とろ、葱とろのことなのでしょうが、

実際は三色とはとても言い切れない赤身からトロへの

グラデーション、という感じ。

美しい…。

どれから食べようかワクワク。

 

実際、こだわるだけあって、まぐろは上質。

葱とろもこってりうまい。

酢飯も主張しすぎないタイプでマグロに

専念できます。

 

ふざけた店名(失礼!)のイメージを裏切る

「まじめなお店」で、久しぶりにおいしい

ちゃんとしたマグロを食べた気がしました。

 

また海鮮丼気分の時は再訪します。

 

 

【まぐろだけボーノ 白川】

港区六本木2-3-3 三重ビル1階

東京メトロ南北線 六本木一丁目駅近く)

日祝休