欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

「クララが立った」あの温泉に行きたい!

やはり日本人なのか、海外で「温泉」があるのを知ると

つい行きたくなってしまいます。

 

スイスにもいくつか温泉があるのですが、

私が気になったのは「Bad Ragaz(バートラガッツ)」

Badはドイツ語で温泉

バートラガッツはハイジのふるさと、マイエンフェルト

隣にある街。

ハイジの中では「ラガッツ温泉」(そのまんま!)として

登場しているとのこと。

あの足の悪かったクララが療養した温泉・・・

それは行くしかない!

だって、ハイジといえば

「クララが立った!」ですよね!?

(あれ?年がバレるか・・・笑)

 

しかも、ホテルを調べていたらこれまた素敵な

5つ星ホテルにビビっときたので予約しました!

「GRAND RESORT Bad Ragaz」

http://www.resortragaz.ch/en.html

 

チューリッヒ空港にも電車で1時間15分ほどで

アクセス可能なので、まさに最後の日の宿として

疲れを癒すのにピッタリ。

 

・・・のはずが、このホテルで2つの事件

発生しました。

 f:id:yokubukashoko:20170603164006j:image

ご覧のように温泉施設は超ゴージャス!

神殿のような温泉プールやジャグジーに各々入って

遊んでいたのですが、ふと気付くと、

私の父の姿がいくら探しても見当たりません。

 

それもそのはず。

なんと大理石の階段で滑って転んで頭を打ち流血

別室で処置を受けていたのです。

 

本人は「大丈夫」というのですが、頭ですから

心配になり、ホテルの人に話したところ、

すぐに部屋に医師を呼んでくれました。

女医さんが手当てしてくれて、事なきを得ました。

しかも、無料でした。感謝・・・。

 

もう1つの事件は、チェックアウト後の帰り際に

起きました。

子どもがロビーではしゃいでいるのを横目に見つつ、

私はチェックアウト手続き、タクシー手配、

トランクの確認や積み込みを指示するなど

バタバタしていました。

 

準備ができ、車に乗り込み、いざ駅に向けてホテルを

出発・・・という段階になって、ふと母がつぶやきました。

 

「あれ?●●ちゃん(長男)は?」

 

なんと全員が子どもの存在をスコーンと忘れていたのです…。

 

その時です。

 

「うわぁぁ…!!」と子どもが泣き叫びながら

ホテルの正面ドアから飛び出してきました。

 

その時の必死な表情をいまだに忘れることはできません。

ごめんよ・・・。

 

今となっては笑い話ですけどね。

 

旅の終わりは気が緩むので気をつけないと!

というお話でした。