欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

忘れられないスイスのホテル

「子連れ海外」とプロフィールに出しながら

まだ1つも書いていないので、思い出の

子連れ旅について書こうと思います。

 f:id:yokubukashoko:20170603131801j:image 

2012年の9月、まだ長男が3歳だった時の

夏休み旅行はスイスでした。

それまで双方の親を連れて、モルディブ

エルニド、バリなどビーチリゾートばかり

行っていたら、「海じゃないところに行きたい」と

山好きの親からリクエストが。

「じゃあどこがいい?」と聞いたところ、

「スイスかカナダに行ってみたい!」との

ことだったので私も興味があり未訪だった

スイスに決定したのでした。

ただ、子どもと高齢者は高山病のリスクが

高いので、実はちょっとドキドキしながらの

手配でした。

 

 

リサーチしていて目に留まったのが

ツェルマットにあるこちらのホテル。

2222メートルのところにある5つ星ホテル

「リッフェルアルプリゾート2222m」

リッフェルアルプ リゾート2222m(Riffelalp Resort 2222m):スイス、ツェルマット :ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)

 

その名の通り、標高2222mのところにある

マッターホルンビューの豪華高原リゾート。

とっても素敵でぜひ泊まりたい!と

一目惚れで手配しちゃいました。

 

f:id:yokubukashoko:20170603131700j:image

駅からホテルまではこんな赤い

トロッコ列車で送迎してくれます。

f:id:yokubukashoko:20170603143745j:image

速度は超ゆっくりで、歩くのと

変わりません(笑)

f:id:yokubukashoko:20170603131949j:image

目の前にはどーんとマッターホルン

 f:id:yokubukashoko:20170603131735j:image

あの歌で名前を知ったスイスの国花

エーデルワイスが植えられていました。

 

ホテルの部屋もマッターホルンビュー。

早起きしてベランダから見た朝焼けが、忘れられません。

 

f:id:yokubukashoko:20170603133422j:image

f:id:yokubukashoko:20170603133639j:image

夜明けとともに、山頂付近が赤く染まっていく様子は

素晴らしく、かなり長い間、家族みんなで眺めていました。

 

f:id:yokubukashoko:20170603132322j:image

ジャグジープールもマッターホルンビューで

気持ちよかったなぁ…。

 

もう5年前になるんですね。

ダンナが最近また「スイスはよかったから

また行きたいなぁ」とつぶやくことが増えました。

その間に親も年老いたし、子どもも2人に増えたので、

つくづくあの時思い切って行ってよかったなぁ、と思います。

 

来年あたり、夏休み旅行の候補地に再浮上するかも!?