欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

酸っぱさがヤミツキに!酸菜白肉火鍋

キムチは浅漬けのと古漬けの、どちらがお好みですか?

私は酸っぱ~い古漬け派です。

乳酸菌、発酵食品大好き。身体にもよさそうだし。

 

そんな私がハマってしまったのが

「酸菜白肉火鍋」

という発酵した酸味のある白菜をたっぷり使った鍋です。

酸菜鍋、と言ったり酸菜白肉鍋と言ったりする

酸っぱい白菜の鍋。

今回も台北の名店で食べてきました!

 

 

長白小館

 f:id:yokubukashoko:20170525000305j:image

 最寄りはMRT「國父紀念館」駅の2番出口。

f:id:yokubukashoko:20170525000547j:image

ピンク色の日本語で書かれた説明書きを渡されました。

7人だったので「大鍋」に。

f:id:yokubukashoko:20170525000607j:image

鍋の説明。

f:id:yokubukashoko:20170525000707j:image

私たちが選んだ2種類のお肉は、豚肉と羊肉。

これは鍋の料金に含まれています。

f:id:yokubukashoko:20170525000738j:image

 美味しいと噂の肉団子や蒸し餃子も別途頼みました♪

f:id:yokubukashoko:20170525000811j:image

こちらがタレコーナー。

f:id:yokubukashoko:20170525000833j:image

 パクチーやネギも入れ放題。

f:id:yokubukashoko:20170525000850j:image

 たれの作り方も書いてあったので、これに従いました。

f:id:yokubukashoko:20170525001015j:image

 じゃーん!すごい肉の量です…

f:id:yokubukashoko:20170525001033j:image

ここの酸菜は酸味がガッツリ効いていて、美味しい!

追加でも頼んでしまいました。

豚肉はバラ肉かな?脂の部分も多いんだけど、

酸っぱい白菜との組み合わせが最高で、いくらでも

食べ進められてしまうのです。

なんて危険な鍋・・・。

 

超満腹になりました。

 

お会計はけっこうビールも頼んだのにもかかわらず、

1人あたり500元でおつりが来ました。

日本円だと2000円しないなんて…素晴らしすぎる。

長白[チャンバイ] | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

 

圍爐(ウェイルー)

 

一方、台北の酸菜火鍋店で長白と1,2位を争う

「圍爐(ウェイルー)」も半年前に訪問しました。

f:id:yokubukashoko:20170524231013j:image

ウェイルーは鍋が煙突型でした。こんなの。

全然違いますね。

煙突部分に炭が入っているそう。

ウェイルーのほうが、白菜の酸味は少なく、店も綺麗。

つまり、全体的に上品な感じ。

タレの種類も黒酢などあり、もっと豊富でした。

 

どちらも美味しいことは間違いないので、

ローカル感漂う店内でパンチの効いた味の方がいいのか、

綺麗な店内で少々マイルドな上品味の方がいいのか、

同行メンバーの求める雰囲気次第で

使い分けるとよろしいかと。

 

私自身はガツンとした長白の味が好みですが、

親とか連れて行くんだったら、取っつきやすい

ウェイルーにするかな〜?という感じ。

 

圍爐 | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

 

両店とも予約必須の人気店です。

 

※予約してくれた現地在住の元同僚によると、もう1店行くべき店が

あるらしいのでそちらはまたのお楽しみにしたいと思います。

 

番外編 東京でも…

そして、実は東京にもあるんですよ。

酸菜鍋を食べられるところが。

六本木1丁目のアークヒルズ仙石山森タワーにある

「華都飯店」です。

f:id:yokubukashoko:20170524233200j:image

グルメな方々が、毎年1月から3月はじめまでしか

食べられない冬季限定酸菜鍋をこぞって予約しています。

3年ほど前に、私も評判を聞きつけ訪問。

酸菜鍋にハマるきっかけとなった店です。

お店のデザインを手がけたのはあの森田恭通氏。

お客さんもいかにも業界人なタダモノではない

感じの方がたくさんで異様な空間でした。

 

・・・あ、つい話が逸れてしまいましたが、

こちらの酸菜鍋は具材に牡蠣や渡り蟹なども

入っている豪華版。

前菜やデザートもついています。

ホント美味しかったのですが、

飲んだら1人1万円超えです。

他店では食べられない期間限定贅沢酸菜鍋に

オシャンティーな空間とお客さんの堪能料

といった雰囲気込みでは、ある意味

納得価格ではありましたが。

 華都飯店 | シャトーハンテン六本木

 

でも、うーん…

だったら、台北行っちゃいますよね!?

 

以上、ご参考になれば幸いです♪