欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

そうだ、屋久島行こう!【西部林道&白谷雲水峡編】

屋久島に行くにあたり、子連れなので往復10時間程度かかる

ハードな縄文杉トレッキングは無理。

でも、ヤクシカやヤクザルに会える西部林道と、

もののけ姫の森として知られる白谷雲水峡には

絶対行きたいと考えていました。

 

西部林道はレンタカーでは道が細く危険、万一事故を起こしても

携帯もつながらない…などのクチコミを読んで、

自分で運転するのはストレスだなぁ、と思っていたところ、

ちょうどこの2つを1日でめぐるプランを発見!

迷わずそこにプライベートガイドをお願いしたのでした。

 

 

tabira.biz

 

朝8時、ガイドさんとホテルのロビーで待ち合わせ。

ちなみに外は大雨

両親は「この雨で本当に行くのか?キャンセルになるのでは?」

などと心配していましたが、ガイドさんはさらっと「雨雲を見ると、先に西部林道に行ったほうがよさそうなので

そちらから行きましょう!」とのことで、普通に出発。

 

まずは日本の滝百選にも選ばれている「大川(おおこ)の滝」へ。

 f:id:yokubukashoko:20170513192608j:image

雨が降っているのでかなりの水量があり、見ごたえあり。

雨が降っているほうが緑も鮮やかに見える。

・・・やっと雨をポジティブにとらえられるようになったかも。

気づけは雨はポツポツ程度に。

さすがガイドさん、やるなぁ。

 f:id:yokubukashoko:20170513192635j:image

虹も見えました!

 f:id:yokubukashoko:20170513225810j:image

西部林道に入ると、あちこちにヤクザル、ヤクシカが!

 f:id:yokubukashoko:20170513192709j:imagef:id:yokubukashoko:20170513192736j:image

さらに車を降りて、ガイドさんが知っている秘密の森をお散歩です。

 f:id:yokubukashoko:20170513193757j:image

森の中で、いれてもらったコーヒーの美味しいこと!

その時、次男のコップにナメクジのようなものが…

もしや、ヒル⁉

 f:id:yokubukashoko:20170513193122j:image

思わず写真撮っちゃいました。

タイトルは今そこにある危機!」(笑)

 f:id:yokubukashoko:20170513204525j:image

実際、私の父は気づかないうちにヒルにやられたようで

足首が血だらけになっていました…。

 f:id:yokubukashoko:20170513193359j:image

日本一のウミガメの産卵地「永田いなか浜」の

近くでお弁当タイム。

 f:id:yokubukashoko:20170513193454j:image

再び雨が激しく降ってくる中、ついに白谷雲水峡の

トレッキングです。

目指すは「苔むす森」別名“もののけ姫の森”。

実はもののけ姫の森、というのは地元の人が

勝手につけていた名前。

ジブリに抗議されて、最近ではその言い方をしないように

しているそうです・・・。

f:id:yokubukashoko:20170513193836j:image
往復約3.6キロのコース。

f:id:yokubukashoko:20170513193615j:image

8歳長男は自力でなんとか頑張ってもらうとして、

3歳次男は、ダメそうだったらエルゴでおんぶすればいいや、

と思っていたのですが、すみません。ナメてました…。

実際はそんなことしたら私が転ぶか歩けなくなるくらいの

なかなか激しい山道。

 f:id:yokubukashoko:20170513202335j:image

☝途中ガイドさんに抱っこされ大あくび・・・

 

ガイドさんがずっと3歳児の手を引いてくれて、時には

肩車したり抱えたり、本当にずっと面倒をみてくれて、

超感謝でした。

 f:id:yokubukashoko:20170513193537j:image

 途中で見た「七本杉」

 

濃い緑の世界は、吸い込む空気の匂いもマイナスイオンも格別。

本当に「コダマ」が出てきそうな森。

 f:id:yokubukashoko:20170513193927j:image

苦労してたどりついたその景色は忘れられません。

写真ではその素晴らしさは伝えられませんね。

来てよかったなぁ、と心から思ったのでありました。