欲深LIFE!

子どもがいても臆せず国内・海外旅行へGO! 子連れ旅行、ホテル、マイル、美食など貪欲な日々の活動記録。今年はJGC修行中。

北朝鮮に行った話〜朝鮮半島と私〜

近くて遠い国、と聞いて、あなたは

どこを思い浮かべますか?

 

韓国のことを指すことが多いのかもしれませんが、

私にとっては北朝鮮がそうでした。

f:id:yokubukashoko:20170626144435g:plain

北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国

ヴェールに包まれた、世襲独裁国家

近いのに、心理的にも物理的にも世界で

最も行きにくいところのひとつではないでしょうか。

 

ところが、実は国際情勢が緊迫してないときで、

マスコミ関連企業で働いていなければ

北朝鮮に行くことは意外と簡単です。

 

中外旅行社 朝鮮ツアーの日本総代理店

 

在日朝鮮人の団体、朝鮮総連系であるこちらの

代理店を通して日本人もツアーに参加することができます。

その性質上、20万円以上のものが多く、

近いわりにお安いとはいえない価格ではありますが…。

以前は料金も明示されていた記憶がありますが、

現在は問い合わせないと分からないようですね。

 

個人的な話になりますが、大学時代の専攻は朝鮮半島関係。

熱心な学生ではなかったので、言葉は旅行のときに

困らないくらいしかできませんが、

入社すると希望の報道に。

その中でも国際ニュースを扱う部署に配属されました。

ちょうどIAEAの核査察問題や金日成主席の死去で

朝鮮半島がらみのニュースは多い時期でした。

 

歴史的な南北首脳会談や、日本文化開放の取材など、

韓国には仕事はもちろん、プライベートでも

数え切れないくらい行きましたが、

まさか北朝鮮に行けるチャンスが

自分に巡って来ようとは思っていませんでした。

 

何とか未知の国、北朝鮮に行ってみたい・・・。

その一心でルートを探している中で、

1度目のチャンス到来。

掴んだルートは、ホテルではなく、沿岸に停泊した船に

泊まるものでした。

保守的な上司に「悪いけど、女性には行かせられない」

と言われ、憤慨したのを覚えています。

90年代はそんな時代でした。

悔しい思いをしながら結局ほかの男性同僚に

そのルートと情報を譲り、行ってもらいました。

その同僚は、いまのダンナです(笑)。

 

そして2度目。

詳細は書けませんか、ある団体に紛れ込み、

デジタルビデオカメラ片手に文字通り

「潜入」することに成功したのです。

 

時は小泉政権

21世紀に突入していました。

 

〈つづく〉

 

※どうしよう。ビデオ撮ってたから写真ないんだよなぁ… 

修行終了⇒JGCカード到着!

突然思い立って始めたJGC修行ですが

6月に解脱しましたのでご報告。

どんな感じだったのか、振り返ってみます。

 

~2017年JGC修行全フライト~

【1月】羽田-那覇

【2月】羽田-那覇×3

【3月】羽田-那覇

   羽田-旭川(子どもとスキー旅行)

【4月】羽田-那覇×2

   羽田-宮崎(家族旅行)

【5月】羽田-鹿児島、鹿児島-屋久島(GW屋久島家族旅行)

   羽田-台北(1人で旅行)

【6月】羽田-那覇(家族旅行)

 

振り返ると海外は台湾のみ。

うーん、寂しい…。

今年流行りのKL発券とか、シドニーとか

チャレンジしてみたかったですが、

2人の子持ち、特に甘えん坊の3歳児を

抱える身としては家を数日間空けるわけにも

いかず断念。

 

結局、3万FOP以上を那覇クラスJ往復で

稼いだ計算です。計8往復・・・。

4月以降はほぼ旅行だったので気が楽でしたね。

単価は無視!

悲しくなること間違いなしなので、

計算したこともありません。

 

解脱フライトからのステイタス反映・JGC入会申請の

流れですが、気になる方もいらっしゃると思うので、

記録として書いておこうと思います。

f:id:yokubukashoko:20170624150351p:image 

★解脱フライトから数えて・・・

【2日後】HPで5万FOP超える表示

【3日後】HPでステイタスがサファイアに。

     JALカードの画面でJGCカードへの変更を申請

【8日後】MyJALCARDの画面でカード情報がJGCに。

     同時に家族会員カードの申請が可能な状態に。

     即申請。

【11日後】「JMBサファイアカード」が郵送で届く。

 

f:id:yokubukashoko:20170624150404j:image

 【13日後】JGCカード」が届く。

f:id:yokubukashoko:20170624163208j:image

【24日後】家族会員カードが届く。

【25日後】家族のステイタスカードが届く。

 

1か月経たないうちにすべてが届きました!

 

CLUB-Aカードを持っているとすべてオンラインで

手続き完了できるので楽ですね!

 

 

さて、今後の目標ですが・・・

7月は南紀白浜旅行も予約したし、

8月は夏休み子連れ海外旅行もあるので、

できればJGPまで行きたいなぁ⁉と思い始めています。

 

まだまだ行きたいところはいっぱい。

国内線ファーストクラスも未経験のままでは

終われません!

 

うっかり(笑)夏のそらとも倶楽部にも

入れていただいてしまったので、

引き続き国内で週末行けるところを狙っていこうと

思います。

読谷村「番所亭」で沖縄すばを食す

以前、沖縄に住んで長い方に、

「どこかオススメの沖縄そばの店ありますか?」と

聞いたところ名前を挙げてくれたのが、こちらのお店。

読谷村「番所亭(ばんじゅてい)」です。

f:id:yokubukashoko:20170620231053j:image

オススメされてその足ですぐ行ったのですが、

2年ほど前のことで記憶が薄れていたので、

久しぶりに再訪してみました。

f:id:yokubukashoko:20170620231727j:image

ウコンを練り込んだ自家製麺と、スープは化学調味料不使用

という点が強調されています。

こういうこだわり、子連れだとうれしいんですよね。

 

表紙を見ると名物フェーレーすば、とあるので

それがイチオシなのかしら、と思ってメニューを開くと・・・

f:id:yokubukashoko:20170620231439j:image

ん?ソーキ、三枚肉入りの「番所すば」にオススメマークが⁉

私はそれで。

f:id:yokubukashoko:20170620232019j:image

こちらが「番所すば」

一度に2種類のお肉が味わえるのがいいですね。

生ショウガが結構大量に載っています。

麺は沖縄そばらしからぬ、ツルツルシコシコ系。

ラーメンっぽかったです。

お出汁はやさしく、飲み干せる系の味でした。

 

次男には小さいサイズの「小すば」を注文。

こういうメニューがあるのは助かりますね♪

小さい子供にはちょうどいい量でした。

 

長男は「冷たいそばがいい」と言うので、「紅ザル」を。

うわ、ほんとに紫色! 

f:id:yokubukashoko:20170620232038j:image

 美味しい!とぺろりと平らげていました。

 

ダンナはソーキ丼とすばのセットにして、

すばをヨモギに変更(+130円)してもらっていました。

一口食べたら、すーっというヨモギの香りがして、

さわやか~!

うん、これは美味しい!

私も次はヨモギにしようと思いました…。

f:id:yokubukashoko:20170620232139j:image

このお店は地元客に愛されているようで、

顔見知りらしきお客さんと女将さんが親し気に

会話する光景が見られました。

 

でもこの店、実は観光客にとっても使い勝手がいい!

なぜなら昼夜通し営業をしているので、お腹具合や

スケジュールの都合で遅いランチになってしまっても

ちゃんとおいしい沖縄そばにありつけるから。

ラストオーダーに泣かされる観光地の店、

多いですからね…。

 

店内の壁には芸能人のサインがたくさん。

今は亡き菅原文太さんのサインなども飾ってありましたよ。

 

沖縄そばを食べたいとき、恩納村読谷村界隈では

おすすめできます♪

 

www.tripadvisor.jp

 

【番所亭】

沖縄県中頭郡読谷村喜名473

098-958-3989

11:00~21:00(L.O.20:30)

水曜定休

地ビールと沖縄食材を楽しめる店

ビールのおいしい季節が到来!

 沖縄・牧志駅から徒歩10分ほどの場所に、

沖縄の地ビールを飲めるクラフトビアの店が

あるのをご存知でしょうか。

 

その名も「Taste of Okinawa(テイストオブオキナワ」

というお店。

f:id:yokubukashoko:20170619182453j:image

カウンターに沖縄のビールのタップが

ズラリと並んでいて、興奮します!

 

まずは5種類をお試しで。

左からIPA、SAISON、ポーター、ゴーヤドライ、

ペールエール。

個人的にはIPAが気に入りました!

 

料理も沖縄食材を使った創作料理のことで、いい感じ。

お店の方にオススメを聞くと、

アイスバインとフィッシュ&チップス」とのこと。

1人だったのでさすがにアイスバインは厳しいか…

ということで悩んだ末、「沖縄野菜のピクルス」と

「フィッシュ&チップス」を注文。

f:id:yokubukashoko:20170619183427j:image

 島ラッキョウやゴーヤなど沖縄野菜のピクルスf:id:yokubukashoko:20170619183327j:image 揚げたてフィッシュ&チップス、最高!

 

モルトビネガーもふりかけちゃって、アツアツうま~っ♪

ビールが進んじゃいます。

あぁ、もっと大勢で来ていろいろ食べたかったなぁ。

tasteof.okinawa

 

周辺はいわゆる「せんべろ」エリア。

店のお向かいにある飲み屋さんも人気店らしく、

よさそうな感じ。

 

この店がひときわオシャレな雰囲気なのには理由が…。

沖縄出身のオーナーは元大手商社マンで、東京や海外で

バリバリ働いていた方。カナダ人の奥様と結婚。

故郷に戻り独立したそう。

 

このお店も単にクラフトビールの店、というだけでなく、

昼間は外国人観光客を対象に英語で牧志公設市場のツアーと

沖縄食材を使ったお料理教室をやっているそう。

 

私が店に入った時も早めだったため、まだ試食タイムが

続いていて、店内は英語が飛び交う不思議な空間だった。

沖縄にインバウンド観光客が増える中、こういう体験型の

受け皿があるというのはいいなぁと思った次第。

 

店員さんの感じもよく、いいコンセプトの店だったので、

応援したい!

私は日帰り那覇で3時間弱の滞在時間がある時、

ここへ飲みに行ってきましたよ(笑)

 

皆さまも、機会があればぜひ♪

 

 【Taste of Okinawa】
沖縄県那覇市壺屋1-6-21

098-943-6313

17:00~23:00 (L.O. 22:30)

月曜定休

“吉祥寺の肉の名峰”に登ってきた

「吉祥寺」「肉」という2つのワードで

ピンと来る方も多いはず!

このたび幸運にも吉祥寺にある肉の

超有名店「肉山」へ行く機会に恵まれました。

誘ってもらったの、考えてみたら去年の10月だったかな・・・

つまり8カ月前ですよ。

f:id:yokubukashoko:20170618143335j:image 

自力での予約は超困難。

Facebookで「肉山」をフォローしていると時折

当日や翌日のキャンセルを埋めるための

「お席の募集情報」が出てきます。

が、1分経つか経たないくらいの秒速で空席が

埋まってしまいます。おそろしや・・・。

 

そこまで人気の店、一体どんなものなのか。

体調を万全に、そして仕事を入れないようにしつつ(笑)

ようやく待ちに待った予約当日を迎えました。

 

吉祥寺駅から徒歩で10分かからないところに

その店はありました。

 f:id:yokubukashoko:20170618143407j:image

サイバラさんのイラスト入りのビル案内。

 

メニューは肉のおまかせコース5000円のみ。

ドリンク飲み放題は5000円です。

お酒は600円~800円くらいなので最低6杯以上飲まないと

元は取れない計算ですが、面倒なので飲み放題で!

f:id:yokubukashoko:20170618143430j:image 

「肉」グラスでカンパーイ♪

 f:id:yokubukashoko:20170618143500j:image

まずはプチトマトやキムチ。

それにコチュジャン、柚子胡椒、チリマスタード

出てきます。

写真右下のこの珍しいチリマスタード

恵比寿「610」でもいただいた覚えあり。

これチビチビ舐めながら呑めるわ…。

 

f:id:yokubukashoko:20170618143539j:image

肉パテ ※以下すべて画像は7人分

 f:id:yokubukashoko:20170618143558j:image

アスパラ

 f:id:yokubukashoko:20170618143654j:image

豚ロース

f:id:yokubukashoko:20170618143717j:image 

エリンギ

f:id:yokubukashoko:20170618143735j:image

短角牛のソーセージ

f:id:yokubukashoko:20170618143801j:image

あかうしのもも

f:id:yokubukashoko:20170618143830j:image

シンシン

 f:id:yokubukashoko:20170618143931j:image

牛カツ

f:id:yokubukashoko:20170618144043j:image

キュウリ

f:id:yokubukashoko:20170618144119j:image 

ミスジ(※これたぶん常連のおかげでオマケ)

f:id:yokubukashoko:20170618144135j:image 

熟成肉のイチボ(※これもたぶんオマケ)

f:id:yokubukashoko:20170618144156j:image 

しめのTKGは、カレー別盛りという常連ならではの

スペシャル技で注文。

二度おいしい♡

f:id:yokubukashoko:20170618144217j:image

 

いやぁ・・・お腹いっぱい。

無事“初登頂”を果たしました!

赤身をがっつりしっかり堪能できる肉コースだけど、

ちゃんと美味しい野菜も出てくるのがうれしいですね。

超満腹で苦しいのに、全く胃もたれしなかった!

どれも美味しかったけど、個人的には

最後のカレーの旨さが忘れられません。

この内容で5000円というのはそりゃ人気出ますよね。

 

はぁ…次に肉山登山できるのはいつのことやら。

あわよくば次の予約を入れようと狙っていましたが

もう年内は一杯で、今は予約受けていないとのこと。

というわけで、お誘いお待ちしています(笑)

 

そして、8月には「肉山の1階」というその名の通り、

最近肉山の1階にオープンした辛鍋の新店にも

お邪魔する予定があるので、そちらも楽しみです。

 

那覇空港近くのパワースポットに行ってみた

空港近くにありながら、修行時には滞在時間の関係で

なかなか行けない場所がありました。

それが波上宮(なみのうえぐう)。

那覇港をのぞむ高台にあり、地元では

「なんみんさん」と呼ばれ親しまれているそう。

琉球王国の総鎮守として信仰されているとのこと。

 

何てったって、名前がいいじゃないですか。

波の上、ですよ!

その名の通り、波の上ビーチの上にあります。

f:id:yokubukashoko:20170618092835j:image

今回、修行じゃなくて時間的余裕がある

「旅行」の時に立ち寄ってみました。

f:id:yokubukashoko:20170618092712j:image

一の鳥居

車でも鳥居の右側にある細い車道をのぼっていけば、

坂の上の駐車場に停められます。

f:id:yokubukashoko:20170618092925j:image

 拝殿

f:id:yokubukashoko:20170618093157j:image

下には波の上ビーチが見えます。

階段を下りて行ってみましょう。

f:id:yokubukashoko:20170618093411j:image

息子たちも波打ち際で遊んで、バッチリズボンを

濡らしてくれました…(想定の範囲内

 

こぢんまりとしたビーチですが、ちゃんと監視員の方もいて、

早くも泳いだり甲羅干しをしたりする地元の人たちで

賑わっていました。 まだ6月なのに…さすが沖縄。

f:id:yokubukashoko:20170618093308j:image

崖の上に見えるのが、波上宮です。

その名の通り、波の上にあるのですね♪

 

ずっと気になっていた場所をようやく訪問できて、満足。

あまり焦って訪問しても落ち着かなさそうな気がしたので、

時間的余裕があるときに行って大正解。

 

以上、沖縄らしさを味わえるパワースポットのご紹介でした。

 

 

身体が喜ぶ!長寿食の名店へ

沖縄の激安焼肉店などについてご紹介しましたが、

今回書きたいのはその対極にあるお店のことです。

 

 お値段は決して安くありません。

ランチでも2000円以上します。

でも、その価値があると思います。

 

f:id:yokubukashoko:20170617182211j:image

うっそうとしたアプローチを抜けると現れる

赤瓦のお店。

雰囲気があります。

 f:id:yokubukashoko:20170617182241j:image

 お店のコンセプトは“沖縄の原種野菜や野草を使って、

沖縄の伝統長寿食を現代にお届けする”というもの。

f:id:yokubukashoko:20170617182316j:image

 まず供される野草ジュース

何種類の野草が使われているのか聞いてみると、

「きょうは7種類入っています」とのこと。

見た目より美味しく飲めました。

  

私が頼んだのはその名もズバリ「毒出し定食」

f:id:yokubukashoko:20170617182419j:image

肉はなく、玄米中心にデトックス出来る食材が

使われていました。


いったいどれだけの種類の食材が使われているのでしょうか・・・

その調理過程を考えるだけで気が遠くなります。

  

どれもこだわりの素材の味がきちんとするし、

手間暇かけて調理されているのがわかります。

「野草の原種を集めてお庭で育てているのよ」

とお店のオーナーの女将はさらっといいます。


滋味深いとはまさにこのこと。

噛みしめながら、あぁ、沖縄の「ぬちぐすい」(命の薬)って

こういうことか…と実感。

疲れた胃腸も喜んでいる感じ。

  

こちらのお店の名前は「cafe がらまんじゃく」です。

 Cafe がらまんじゃく | 沖縄の薬膳料理

 

場所は金武(きん)町。

インターからもそれほど離れていません。

 

この店に来ることだけを目的に、わざわざ首都圏から

沖縄に通うお客さんもいるとのこと。

それも納得するほど身体をつくる「食」について

考えさせられる体験でした。

実はあの「世界のナリサワ」のシェフも通っている

隠れた名店です。

 f:id:yokubukashoko:20170617182611j:image

なお、子連れでも大丈夫。

玄米おにぎりを中心とした簡単な定食を作ってくれました。

 

完全予約制、しかも20食限定なので、機会があれば

ぜひ予定に組み込んで行ってみてください。